虫供養

 9月23日石浜の明徳寺にて「虫供養」が行われました。東浦の虫供養は愛知県の無形民俗文化財の指定を受けています。藤江の「だんつく」も愛知県の指定を受けましたが、虫供養については子供の頃は何の関心もなかったことを覚えています。
 しかし、地域に根付く取り組みにはその理由と意義があると思います。虫供養は米造りの過程で駆除した虫たちを供養するものです。つまり、大切な米造りのためとはいえ駆除された虫たちにも「命」があります。私たちは「他に生きているものを食べて、生きています」、このことは米造りのために駆除された虫たちにも言えることです。いただいた「命」に感謝する気持ちが大切なことです。
 虫供養の行事はなかなか分かりにくいかもしれませんが、このように考えて子供たちにも伝えることは、とても意義のある行事だと考えます。
( 写真は知人から借用しました)
d0247833_15484720.jpg
             (左から3枚目の軸がご本尊様です)
d0247833_15505901.jpg
         (代表者による百万遍 )



[PR]
by higashiura-k | 2017-09-24 15:52
<< 傳通院法要会に参加 「東浦おだいちゃん検定」に先駆... >>