おだいちゃんNo3を発行

 東浦町観光協会の広報誌としてスタートした『おだいちゃん』は、10月1日に第3号の発行をすることができました。今回のトップ記事は来年の町制70周年記念事業として行う、『東浦おだいちゃん検定』を取り上げました。この企画の生まれた経緯、そのネライなどを分かりやすく載せています。ふるさと(郷土)東浦には誇れるものが数多くあります、縄文時代の入海貝塚・平安時代の生道塩・戦国時代では徳川家康の母『於大の方の生誕地』・織田信長が初めて鉄砲を使った村木砦の戦い跡・初めて白砂糖を作った原田喜左衛門・国文学者の久松潜一氏・久米常民氏を輩出。さらには大正・昭和の時代には綿織物の国内三大生産地として東浦の経済を支えました。これらは東浦の誇りであり、宝であります。郷土の皆さんに伝え、次の世代に引き継いでいくことが町への愛着心を育み、新しい東浦の町づくりのベースになるものと確信しています。
 このほかに町内の会員のお店紹介や、観光協会の活動を紹介しています。これからもますます観光協会の活動に、ご理解とご協力をお願いします。

d0247833_21002698.jpg

[PR]
by higashiura-k | 2017-10-03 21:01
<< 撤去された『丁石』は郷土資料館... 傳通院法要会に参加 >>