<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「丁石」が一つ消えました

 弘法道を歩くと次の札所までの距離を示す「丁石」と、曲がり角には方角を示す「大師道」と彫られた石柱が立てられました。東浦町内にはこれらの石柱が、比較的多く残されています。しかし、道路の拡幅や家の工事などでその数はだんだん少なくなりつつあります。
 9番札所の石浜の明徳寺から10番札所の生路の観音寺へ向かうさいの、「一丁目」の丁石が家の工事のために撤去されました。観音寺の住職さんにお話を聞くと、最近は歩いてお参りに来る方はめっきり減っており致し方ないと、おっしゃっていました。
 この「丁石」は東浦にとって大切な文化財であると思います、残念なことですが今後は適切な保管を関係者にお願いしたいです。

d0247833_20221627.jpg
d0247833_20232584.jpg



[PR]
by higashiura-k | 2017-08-03 20:27 | ふるさとガイド