傳通院法要会に参加

 9月23日東京小石川の傳通院の秋の例大祭法要に、観光協会として参加しました。傳通院とその周辺の商店街のみなさんには、東浦町の於大まつりに参加し、祭りを盛り上げていただいております。こうしたことに対する答礼は必要であり、於大の方を通じてつながりのある同院と同地区との交流は、観光振興にも意義のあるものと考えています。
 法要に先立ち、まずは於大の方のお墓参りをしました。本堂の横から墓地に入っていくと、じきに立派で大きな宝篋印塔のお墓があります。これが於大の方のお墓で、文京区教育委員会の簡単な説明板があります。でも、尾張の国緒川城で生まれたことなどは記されていません。ましてや今の東浦町という言葉は見当たりません、少し残念ですが...
 法要では檀家の皆さんより一段高い、須弥壇の隣の席が用意されていて恐縮しました。そのうえ、焼香も檀家の方は香炉を持ち回りで行ったのに、私たちは祭壇の前で焼香をしました。このような待遇を映す様に、法要が終わって上人の挨拶はその大半が東浦の話題でした。
 於大の方を通じて東浦の認知度アップを図ることは、東浦の歴史と文化を知ってもらう意味からも極めて大切で重要なことと考えています。これを機に於大の方をさらに知ってもらう取り組みを積み重ねたいと考えています。来年は東浦町町制施行70周年にあたりますが、於大の方の名前を付けた『東浦おだいちゃん検定』を実施します。秋の産業まつりでは、そのプレ検定も実施するべく準備を進めています。ぜひ、みなさんで参加してくださるようお願いいたします。
d0247833_14274548.jpg
傳通院本堂
d0247833_14290379.jpg
於大のお墓





[PR]
# by higashiura-k | 2017-09-30 14:37

虫供養

 9月23日石浜の明徳寺にて「虫供養」が行われました。東浦の虫供養は愛知県の無形民俗文化財の指定を受けています。藤江の「だんつく」も愛知県の指定を受けましたが、虫供養については子供の頃は何の関心もなかったことを覚えています。
 しかし、地域に根付く取り組みにはその理由と意義があると思います。虫供養は米造りの過程で駆除した虫たちを供養するものです。つまり、大切な米造りのためとはいえ駆除された虫たちにも「命」があります。私たちは「他に生きているものを食べて、生きています」、このことは米造りのために駆除された虫たちにも言えることです。いただいた「命」に感謝する気持ちが大切なことです。
 虫供養の行事はなかなか分かりにくいかもしれませんが、このように考えて子供たちにも伝えることは、とても意義のある行事だと考えます。
( 写真は知人から借用しました)
d0247833_15484720.jpg
             (左から3枚目の軸がご本尊様です)
d0247833_15505901.jpg
         (代表者による百万遍 )



[PR]
# by higashiura-k | 2017-09-24 15:52

「東浦おだいちゃん検定」に先駆け、プレ検定のお知らせ!

ちょっと早いお知らせですが・・・110.png
来年7月22日(日)、
「東浦おだいちゃん検定」(全50問)の実施決定!162.png162.png

あなたは東浦をどれくらい知っていますか??

d0247833_18113735.jpg

歴史や文化・習慣、村木砦、緒川城、八巻古窯、だんつく など

d0247833_18113286.jpg

農業や商工業について、巨峰ぶどう、ミニトマト、自動車部品 など


177.pngそして、今年は先駆けて177.png

「プレ検定」(全10問)を実施します!

今年の産業まつりは、東浦おだいちゃんプレ検定で決まり!

せひ挑戦してみてくださいね~~!!

d0247833_18080377.jpg

「東浦おだいちゃんプレ検定」
日時:平成29年11月11日(土)、12日(日)
場所:産業まつり会場 文化センター1F 「東浦ふるさとガイド協会」コーナー
内容:いつもの「ふるさとクイズ」に変えて試してみましょう。


173.png173.png173.png



[PR]
# by higashiura-k | 2017-09-13 18:00 | イベント

地区に残る「地蔵盆」

 東浦のブログ集に石浜の「畑中地蔵盆」、生路の「荒子地蔵盆」を伝える記事が載りました。地蔵盆とは、親より先に亡くなった子供が賽の河原でいじめられているのを見た、地蔵菩薩さまが助けたことから、子供たちの成長を見守る仏様として祀られていると言われます。
 昔は子供たちも多く集まって、お菓子をもらったものです。その場で「ご詠歌」や、数珠回しのあったところも...しかし、最近は子供の人数も少なくなり、どのお地蔵様も昔のような賑わいがなくなりました。生路の荒子地蔵では隣組が持ち回りで役員を務めて運営されています。中には「こんな事もかなわんな」と言う声もあるのと、新しく生路に住むようになった人たちは「どういうものなのかよく分からない」と言う声が多いのも事実で、伝統的な行事を続けていくことの難しさがあります。
 だからと言って、何でも切り捨てて楽になることが良いとばかりは言えません。郷土の歴史・文化や誇りを次の世代に引き継ぐことこそ、私たちができることではないでしょうか。
d0247833_14065768.jpg
生路「荒子地蔵盆」

d0247833_14090045.jpg
石浜「畑中地蔵盆」





[PR]
# by higashiura-k | 2017-08-24 14:11 | ふるさとガイド

★☆ゆるキャラ®グランプリ!おだいちゃんへの投票をしてね☆★

177.png今年もエントリーしました177.png

ぜひとも投票をお願い致します110.png 179.png179.png

126.pngおだいちゃんの投票ページはこちらです↓
d0247833_16373805.jpg

投票終了は、2017年11月10日(金)18時までです。
今回の決戦投票と表彰式は三重桑名ナガシマリゾートですって!
伊勢湾岸道路を走れば東浦町から近いのよね、ドキドキしてま~す
171.pngよろしくお願いいたしま~す171.png

投票ページのQRコードです
d0247833_15201435.jpg



[PR]
# by higashiura-k | 2017-08-21 16:27 | おだいちゃん!